×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脂肪燃焼野菜スープの作り方・簡単レシピと、野菜スープダイエットの方法。

野菜スープダイエットのメイン、野菜だけで作る脂肪燃焼スープですが、資料や情報によって多少違いはあるものの、脂肪燃焼野菜スープの作り方は大体こんな作り方です。材料は玉ねぎ2〜3コ、キャベツ半分、セロリ1本、パプリカ1コ、ピーマン2〜3コ、トマト缶1つ、鷹の爪1〜2本、チキンコンソメ、水など。野菜をすべて1〜2?角ぐらいに切り、大きめの鍋に他の材料、多めの水と共に入れ火にかけます。野菜が柔らかくなったら、塩・胡椒で味を調えるだけ。野菜だけで作るスープの味は薄めでコクのないミネストローネみたい、と言えばお分かり頂けるでしょうか(笑)。そして野菜スープダイエットの方法。これも情報によって多少の違いがあるので、多少アバウトですが以下の通りです。野菜スープはいつでも好きなだけ飲んでOK。飲み物は水やお茶、コーヒー、紅茶など糖分を含まないもののみですが、100%のジュースなら少量はOK。炭酸飲料やアルコール、糖分を含んだ食べ物、炭水化物は×。肉類は脂身のないもので油を使わず調理したものなら少量OK。野菜スープダイエットでは、野菜(じゃがいも以外)・果物は基本的になんでもOK。

脂肪燃焼・関連商品はこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!



[ナイスな情報]

7日間野菜スープを食べ続けるダイエットの方法と効果。

野菜スープをメインに、一定のルールにのっとって1週間集中してダイエットするというのが、3年ほど前から広がり今も静かに話題を呼んでいる「7日間脂肪燃焼野菜スープダイエット」。野菜スープの作り方は簡単で、身近な材料で作れるとてもシンプルなもので、朝鮮人参とかエゾウコギとか、特にこの材料を使うとか、このサプリメントを併せて摂取しなくてはいけないとかということがないので、野菜スープダイエットは特に冬太りの時期になるとすっきりした体型で春を迎えたい人達の間で注目を集めます。「そもそもは医療の現場で、減量を必要とする人のために考えられた脂肪燃焼野菜スープ」だとか「スーパーモデル達が秘かに愛用している脂肪燃焼野菜スープダイエット」とか、さまざまな噂がありますが野菜スープダイエットのはっきりした出所はよく分かりません。野菜スープはいつでも好きなだけ飲んで良いけれど、あらゆる炭水化物や油脂類、糖分、アルコール、炭酸飲料を摂ってはいけない・・というところから考えると、野菜スープダイエットは2〜3年前に流行ったデトックスダイエットの考え方に似ていると言えるかもしれませんね。

スープダイエットの関連商品情報はこちら★★>>

ストイックにやりすぎるのはダメ、野菜スープダイエットのコツと注意点。

「野菜スープダイエット」「7日間脂肪燃焼スープダイエット」には厳密には『第○日目には○○と○○を食べる』という、細かなスケジュールが設定されていますが、大雑把に言えば〜野菜や果物、水分を積極的に摂り、糖分・炭水化物・油分を徹底的に排除する〜と覚えておけばいいでしょう。これを守って1週間、野菜スープダイエットを続ければ摂取カロリーは相当減りますから、実際体重もかなり減少します。ただ、活動のエネルギー源である炭水化物を摂らないので、すぐお腹が空いたりスタミナ不足になると思われます。ですから、この期間は激しいスポーツやハードな仕事は避けた方がいいでしょうね。また脂肪燃焼スープダイエットは油を使わなければ赤身の肉類などのタンパク質は摂ってもいいことになっていますが、それでもいつもと比べればかなりタンパク質不足になりがちです。多少ルールからは外れるかもしれませんが、筋肉保持のためにも豆腐や1日1コ程度の卵を摂ることをお勧めします。何にしろ、あまりに野菜スープダイエットをストイックにやりすぎるとそれだけ反動も激しくリバウンドもしやすいので、夜のみ野菜スープにするとか自分で工夫〜アレンジするといいですね。脂肪燃焼野菜スープの作り方は上の簡単レシピでも紹介していますから、ぜひ作ってチャレンジしてみてください。

バストアップ・豊胸サプリメントの関連商品情報はこちら★★>>


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 脂肪燃焼野菜スープの作り方・簡単レシピ
  • seo